産後抜け毛はなぜ起きる

産後の抜け毛はなんであるのか?

 

お産は女房にとりまして大きな幸福だ。けれども、お産を機に抜け毛が増えて耐える人が多いのも本当。

 

産後に抜け毛がかかる原因はおもに3つあります。産後の抜け毛を燃やすには、理由をとっくり理解して、理由に応じた対策をしていきましょう。

 

産後の抜け毛の原因―ママホルモンの配分の乱調

 

通常のヘアサイクルは、ヘアーが現れる練習期、追い越せる退行期、目新しい毛が生えるまでの休止日数を繰り返します。現役なら、ヘアーが抜けても初々しい毛が生え動き出し、毛量は元に戻ります。だが、産後はレディースホルモンの配分がものすごく壊れます。受胎中に分泌されるエストロゲンというレディースホルモンには、子宮を大きくする効能やミルクを醸し出すためのおっぱい管を発達させる働きがあります。レディースホルモンのエストロゲンが大量に分泌されるため、分娩の予約が整います。エストロゲンの効能はそれだけではなく、ヘアーの練習を促し、健康に保つ効能もあるのです。胎盤がクリアされて現れるところ、エストロゲンは増えて赴き、産後は分泌分量が減ります。少々数カ月の間にレディースホルモンの配分が目まぐるしく変わります。もちろん、ヘアサイクルも影響を受けます。エストロゲンが産後に急激に収まると、本来は受胎中に抜き出せるはずだったヘアーがごっそり抜けます。受胎中には、エストロゲンの効能が活発なのでヘアーの分量が増えますが、産後にレディースホルモン・エストロゲンが減少し、増えた分のヘアーが抜けて抜け毛が多くなります。

 

産後の抜け毛の原因−出産後の外圧

 

産後、女の子の一生は一変します。昼夜を問わず貫く授乳というおむつ差し替え。1お客様になることができず、夜中も満足に寝ることができない。養育や家事に非協力的な旦那についてイライラすることも。乳児は甘いけど、ホルモン分散の異常って産後の体調の悪さで、人体って気持ちのマネージメントがうまくいきません。ヘアの訓練には亜鉛が必要ですが、挑発を感じるといった、亜鉛の需要が激しくなります。すると、スカルプのように重要でない部分には亜鉛が供給されづらくなります。亜鉛が不足すると髪の成育が悪くなり抜け毛が増えます。また、挑発は女子ホルモンの異常にも結びつき、益々抜け毛が増えます。

 

産後の抜け毛の原因−栄養失調

 

産後、ママたちは十分に食事を摂ることさえできません。子育てとファミリーの両立は大変で、悠々座ってランチタイムを摂ることすらできないこともあります。栄養バランスが崩れると、交代使い道が低下します。入れ替わりが落ちると、細胞を生み出すことが難しいので、毛の前進も阻害され、抜け毛が増えます。一層、栄養失調になると女子ホルモンのエストロゲンを決めるために必要な養分も足らなくなります。結果的に、女子ホルモンの兼ね合いの崩れを助長して抜け毛が増えます。